斉藤一人さんの成功法則を読んだ感想

斎藤一人さんと単語法について斉藤一人さんの成功法則を読んだ感想

斎藤一人さんから教えてもらった単語法について解説します。

単語法とは

斎藤一人さんから教えてもらった単語法に関して紹介したいと思います。単語法を紹介する前に斎藤一人さんに謝りたいと思います。というのは別の記事で連呼系は意味がない事だと書いてしまった記憶があります。つまり、「ツイテル」「ツイテル」を連呼するのは効果がなかったような事を書いてしまったんです。



その記事は自分への戒めと思って消さないようにしておきます。しかし、単語法と言うのは、非常に強力なツールだという事が分かりました。斎藤一人さんの教えと言うのは、シンプルに見えてかなり奥が深く凡人の私には気が付けないところも多くある事に気が付いたんです。それでは、単語法の紹介をしますが、単語法と言うのは一つの言葉を繰り返していう事です。「ツイテル」で言えば、「ツイテル」「ツイテル」「ツイテル」と連呼していきます。解説を入れると「私はツイています」などの文章にはしない事です。あくまで一つの単語を連呼していきます。



単語で言えば「ツイテル」ではなくても、「勇気」「勇気」「勇気」のように別の言葉でも構いません。ただし、マイナスの言葉ではなくプラスの言葉で連呼するようにしましょう。単語を連呼するのを単語法を言うそうです。

単語法の効果

単語法の効果ですが、何も知らないで連呼していた時は、意味がないように感じました。しかし、斎藤一人さんの単語法の音声を聞いてその意味を理解しました。斎藤一人さんの単語法の音声については、ユーチューブなどで「斎藤一人 単語法」などで調べれば出てきます。



5分くらいの短さのCDになるのですが、これを聞いた時に私はパラダイムシフトを感じてしまいました。斎藤一人さんの言うには単語法で同じ言葉を1000回言い続ければ人生が変わっていくような事を言っていました。ここまでは聞いた事があったのですが、パラダイムシフトを起こしたのは次の言葉でした。例えば「勇気」を連呼したとします。

すると人間の脳は「勇気」とは何か?と考えるようになるとの事です。その結果、勇気とは「言う気持ち」なんだと理解するようになるとの事です。人によって解釈は変わっていますが、同じ言葉を連呼している事で、その言葉を深く理解するようになるようです。これが今までの私には無かった事なので非常に勉強になりました。

単語法で「ツイテル」をやってみたら

実際に私が「ツイテル」という言葉を単語法でやってみました。すると、早口で言っている時は、いう事に夢中になってしまい特に頭が何も思い浮かびませんでした。これではいけないと思って、ゆっくりな自分のペースで「ツイテル」を連呼してみたんです。すると頭に浮かんだのは、「ツイテルとは健康な事だ」「ツイテルとは毎日仕事が出来る事だ」「ツイテルとはお金が入っている事だ」「ツイテルとは自由な時間を使える事だ」など、自分の普段の生活の中の何気ない事がツイテルんだという事に気づかされました。



これが、私の中のパラダイムシフトであり最大の政界でありました。単語法を覚えてから人生がさらに楽しくなったように思います。この単語法の斎藤一人さんの解説を聞かずに連呼しているのは非常にもったいないと思うようになりました。このサイトを見ている方は、必ずユーチューブで単語法の音声を聞いてください。私は今まで「ツイテル」と言うのは、予想外のいいことが起きる事だと思っていましたが、日常生活の中で起こる様々な当たり前の事が付いているんだと気づかさせてくれたのです。



6分くらいの音声だと思いましたが、単語法は歴代最高の音声だと私は思っています。書籍だと舛岡はなゑさんの「斎藤一人 幸せをよぶ魔法の言葉 」に収録されているはずです。私は本屋にはなくたまたまブックオフ見つけたので、幸運にも中古で格安で手に入りました。これも「ツイテル」のでしょう。


先頭へ
Copyright (C) 2017 斉藤一人さんの成功法則を読んだ感想 All Rights Reserved.