斉藤一人さんの成功法則を読んだ感想

斎藤一人さんの成功法則で役立つのと役立たなかったの斉藤一人さんの成功法則を読んだ感想

私が斎藤一人さんのノウハウを読んで役立つのと役立たないのを一刀両断してみます。

斎藤一人さんは色々な成功法則を教えてくれる

斎藤一人さんは、様々な成功法則を教えてくれます。一貫して言えるのは、全のパワーを使って成功するという方法です。斎藤一人さんの言葉で言えば「天国言葉を使い」「地獄言葉」を使わないなどです。
私は斎藤一人さんの成功法則で役に立つのと役に立たない物がある事に気が付いたのです。ビジネス書などで本に書いてある事をつまみ食いするのではなく、全て実践する事が大事だと書かれていたりしますが、私はつまみ食いした方がいいと思っています。
実際に斎藤一人さんの本や音声を聞いていても、役に立つのと役に立たないのがあることが分かりました。私がどれを役立つと思い、どれを役立たないと感じたのか書いてみたいと思います。
ただし、ネタバレになってしまうので、全ては書かないようにして、あなたが、それらの成功法則を自分なりに見つけてほしいと思います。

連呼系は自分には合わなかった

斎藤一人さんの教えて役立たないと思ったのは、「連呼系」の教えです。連呼系だけじゃなん事なのかわからないかも知れませんが、同じ言葉を何回も何回も信じられないほどの回数を言うというものです。
有名どころでは、「ついてる」という言葉を何度も言ったりするのです。斎藤一人さんは「ついてる」という言葉が凄く好きで、このことは書籍や音声にも書かれていて有名だと思います。
しかし、毎日、「ツイテル」「ツイテル」と言っても、自分がついているような感じもしませんでしたし、口で「ツイテル」と言いながらも、頭の中では「こんな事をしても意味がないのでは」と感じたりもしてしまったほどです。いくら言っても自分がついてるとは、とても思えませんでした。
他にも、「いばっちゃいけない、舐められちゃいけない」を連呼するのもあります。「いばっちゃいけない、舐められちゃいけない」はユーチューブなどの動画でも斎藤一人さんの音声を聞くことが出来ます。
ちなみに、100回バージョンと1000回バージョンがあり、斎藤一人さんが100回とか1000回いばっちゃいけない、なめられちゃいけないと連呼してくれるわけですが、言い過ぎてしまったのか斎藤一人さんの声が枯れているほどです。これも斎藤一人さんの声に合わせてやってみたのですが、全然、心に入ってくる感じがありませんでした。それを考えると私は連呼系が向いていないと思った次第です。
しかし、別のCDでは斎藤一人さんが連呼系でなぜ効果がないのかを解説してくれていました。その理由も確かに、私の心の奥底にあるのかも知れませんが、どうも連呼系はやってみても「しっくり」と心の中に入って来ないわけです。
私は斎藤一人さんのノウハウの中でついてるを何度も言うとか、「いばっちゃいけないなめられちゃいけない」を連呼するというのは、どうもダメでした。

斎藤一人さんの使えるノウハウ

私が斎藤一人さんの法則の中で使えると思ったのは、上昇気流の法則だと思いました。別の記事でも紹介したかも知れませんが、もう一度紹介しておきたいと思います。上昇気流の法則と言うとは、流れに乗ってお金を稼ぐようなノウハウなわけです。
もしかして、上昇気流の法則ではなくジェット気流の法則だったかも知れません。どちらか分からなくなってしまったのですが、あれはお勧めの考え方です。
儲けるコツとして「全うしすぎてもいけない、怪しすぎてもいけない」と言うのです。つまり、真ん中の中庸をいく事で爆発的に利益を上げることが出来ると言います。
実際に斎藤一人さんの会社は漢方薬なのか健康食品なのか分かりませんが、体に良いと言われているサプリのようなものを作っているわけです。この健康食品と言うのは、「全うしすぎず、怪しすぎず」になるのではないでしょうか?健康食品と言うのは、絶対に効果があるかと言えば分かりませんし、効果がないとも言えないのではないでしょうか?
確かに、近年、健康増進法などが取り入れられて健康食品やサプリなどの記載は難しくなっています。日本の国が怪しい部分に対してメスを入れていると言えるのでしょう。どう考えても健康食品や漢方などは「怪しすぎず、全うしすぎず」に見事に入っていると思いました。健康食品などは非常に粗利益が高いと言われています。
上昇気流の法則なのかジェット気流の法則なのかは忘れましたが、経営者を目指す人がいるのであれば是非とも覚えてもらいたいですね。あと、この言葉は絶対に覚えて欲しいという物があります。
それは、「走ってもダメ、腰を掛けてもダメ、ただ淡々と歩いていけばいい」このような事を言っていました。この言葉は斎藤一人さんのCDにも納らえている言葉になるのですが、私はこの言葉はスッと心の中に入ってくるんです。
連呼系は全然役に立たないと思いましたが、これはかなり当たっていると思いました。
実際にこれは当たっていて、物事を達成する時に、腰を掛けてしまうと全然進みませんし、かといって走ってしまうと息切れして遠くまで行くことが出来ないのでしょう。それを考えると、やっぱり、毎日、コツコツと歩いて行くのは大事な事だと思いました。
他にもラーメン屋だったらまずくなければいい、どうやったらお客に来てもらえるかを考えるなども好きなノウハウですね。ビジネスに関してのノウハウはかなり好きな物がありますが、精神的なノウハウになると斎藤一人さんのノウハウは苦手な部分もあるわけです。

斎藤一人さんの言葉が全てじゃない

斎藤一人さんのノウハウは間違いではないと思います。多分、本人がそのようにして成功しているんだと思いますし、それを言っていると思われます。
しかし、人間と言うのは一人一人が違うのではないでしょうか?つまり、「ついてる、ついてる」と言うだけで気分がよくなったり成功に迎える人もいれば私のように、合わないと感じる人もいるのではないかと思いました。だけど、斎藤一人さんは自分の事を「それでいいんだよ」と肯定する事も大事だと言っています。
それが本当であれば、斎藤一人さんのノウハウで私が合わないと感じる部分があっても、それはそれでよいのではないかと思います。
私は、斎藤一人さんの成功法則でも自分に合っている部分だけを抜き出して使って行こうと思います。


先頭へ
Copyright (C) 2016 斉藤一人さんの成功法則を読んだ感想 All Rights Reserved.